【北野未奈】不倫にも似たラブラブ「ピンサロフェラ特化」プレイ

ピンサロ嬢がムフフ!

大人のムフフなアダルトVRへようこそ!
今回の紹介したいのは、北野未奈さんです。上品な美貌とムチムチGカップ爆乳のグラマラスボディが激エロです。トップランカーピンサロ嬢と不倫なのか、ただの太客なのか、ホテルで密会してピンサロ(本番)プレイするというムフフな作品です。

収録時間80分
出演者北野未奈
監督ピンサロ大好きスズタケさん
シリーズピンサロ再現
メーカーケイ・エム・プロデュース
レーベルKMPVR
配信開始日2022/02/11

「ピンサロフェラ特化」プレイ!

サンプル画像

ホテルでチャイムの音が鳴り、ドアが開くとトップランカーピンサロ嬢の北野未奈さんが現れます。立ったままで即尺フェラ、ヌキあり。部屋に入っても、おしぼりで男根を弄びながら焦らしプレイからの、じゅぼじゅぼとノーハンドフェラの「ピンサロフェラ特化」プレイが激エロです。

体位を変える度にPtoM!

サンプル画像

スパイダー騎乗位で挿入して、激しい杭打ちにグラインド。体位を変える度にPtoMの熱いセックス演技。腰を動かしながらドヤ顔で見下ろす目つきがエロいです。地面特化正常位~座位は密着距離でラブラブセックス。結婚指輪を指舐めで外す意味深な演技。ぜひ見てもらいたいです。

デパチパグルメ
デパチパグルメ

画質★★★★★
ムフフ度★★★★★
演出演技★★★★★😍
プレイ:立ちフェラ、おしぼり手コキ、キス、乳揉み、乳首リップ、見つめあい手コキ、顔騎クンニ、PtoM、女豹フェラ、中出し
体位:シックスナイン、スパイダー騎乗位、騎乗位、覆いかぶさり騎乗位、背面ツイスト騎乗位、地面特化正常位、座位

画質は Oculus Quest 2(赤味調整 -0.40 程度)でも Oculus Go でも最高画質です。

トップランカーピンサロ嬢と不倫にも似たラブラブ「ピンサロフェラ特化」プレイをぜひ「体験」してください!

サンプル画像

FANZAレビュー(加筆修正)

祝!20周年!「上質」にこだわり、真心こめたおもてなし…
コロナ禍で外出を控えたい方、スタッフや他のお客様に会うことを避けたい方のために、
極上のトップランカーピンサロ嬢を派遣します。

トップランカーピンサロ嬢と不倫(ただの太客)関係にある(視聴者)がホテルで密会してプレイする作品。タイトルの「ピンサロフェラ特化」の文字から、「おっパブ」作品のような風俗ものの先入観で見ると良い意味で裏切られる、「上質」なシチュエーション作品でした。

チャプター1:ホテルの窓から見える夜景に日常の喧騒から離れた安堵感でひとりワインを嗜んでいると、待ちかねたチャイムの音が鳴り、腰を上げる。ドアが開くとトップランカーピンサロ嬢の北野未奈さんが現れます。冒頭のここまでのシーンの描写力が抜群で、ホテルで密会の安堵感や安らぎの雰囲気がよく表現されて引き込まれます。さらに、トップランカーピンサロ嬢の役柄に入り込んだ北野未奈さんの演技が秀逸です。愛人では(まだ)ない風俗嬢、だが心を寄せる本指名の嬢へ接する際の微妙な距離感、嬢の頭が肩に当たる際の髪の香り、情感の記憶がよみがえります。
再会を喜ぶのも束の間、立ったままでじゅぼじゅぼ音をたててフェラ(即尺ヌキあり)が激エロです。壁にかかった鏡に映る自分の姿を見て、したり顔でニヤリと笑うトップランカーピンサロ嬢。秀逸な演技です。アダルトVR作品(虚構)のなかで鏡に映る姿(虚構)を見ることで、目の前の女優さんにリアリティが出てくるから不思議です。
部屋に入ってソファに座り、烏龍茶とおしぼりで「ピンサロ」接待。手指の消毒とマッサージのあと、乳揉みでじゃれあいます。

チャプター2:引き続きソファでじゃれあい、手コキ。おしぼりで男根を弄びながら焦らしプレイ。じゅぼじゅぼとノーハンドフェラで射精のあと、北野未奈さんが下から覗き込む地面特化アングルや机の下からフェラへと、激エロの「ピンサロフェラ特化」プレイで進みます。

チャプター3:床に寝転んでちんぐり返しフェラ。シックスナイン、顔騎クンニからスパイダー騎乗位で挿入。杭打ちもグラインドも激しく、体位を変える度にPtoMを挟んで、背面ツイスト騎乗位も加えた熱いセックス演技。腰を動かしながらドヤ顔で見下ろす目つきがエロいです。地面特化正常位~座位は密着距離でラブラブセックス。ラストにフェラでおしぼりで丁寧にお掃除。座位の前に結婚指輪を指舐めで外す、意味深なプレイがありましたが、太客から愛人へと昇格の意味なのかなんなのか。ロマンチックなシーンではありました。

トップランカーピンサロ嬢になり切った北野未奈さんの演技が光る作品でした。ピンサロ嬢の太客から愛人へ昇格という展開もロマンチックで良いですが、そこへ没入するには中盤で体位がころころ変わって、アングルが定まらないのが惜しいところという印象でした。「ピンサロフェラ特化」プレイは全然あって良いですが、顔をアップにするアングルはシチュエーションを味わう要素としては阻害する要素だと思います。

色々とやりたいことを詰め込んでしまったために、全体的にわかりにくくなってしまったという印象でしたが、それでも、制作作品数のまだまだ少ない監督さんとしては、描写力やアイデアも素晴らしく、今回は名刺代わりと受け取って、今後に期待してみたいと思える作品でした。

タイトルとURLをコピーしました